元々治験に興味のある顕在層はもちろんのこと、治験に対する潜在層へ募集に力を発揮するデータベースを活用し、治験業界がまだ手をつけていない層へのアプローチが可能です。また、過去の参加実績値を記録することで、質の良い被験者のみを参加させることが可能です。